錦織寺

( きんしょくじ )

真宗木辺派の本山。名前の由来は親鸞聖人が寺を再興した時、天女が下り蓮の糸で錦を織って献上したことから「錦織寺」と名づけられました。遠方からの参拝者が多くあります。
また、錦織寺には像高166㎝の毘沙門天立像があり、伝教大師「最澄」が比叡山の霊木でつくったと言われています。この毘沙門天座像は通常公開はしておらず、予約制となります。
名称
錦織寺
所在地
〒520-2431  滋賀県野洲市木部826
料金
志納
営業時間
説明などいただく場合、要予約
駐車場
普通車10台、大型車2台
交通
JR野洲駅北口より近江鉄道バスで15分、「木部」バス停下車後すぐ
 →近江鉄道バス時刻表
ホームページ
http://www.kinshokuji.or.jp/
お問い合わせ
077-589-2648
備考